2024年01月09日

  • 趣味

月イチ歌舞伎『平成中村座』を楽しみました!

投稿者:ハムさん

1/6(土)8:50から、月イチ歌舞伎10回目を鑑賞。宮藤官九郎×中村勘九郎による、奇想天外な人情噺である。吉原遊びが過ぎて勘当された若旦那徳三郎が、唐茄子(かぼちゃ)売りの商いをすることになるが、この商いを通して「生きる」意味を実感したところが印象的であった。とにかく、楽しめる歌舞伎であった。
ところで、昨年12月に、「姫路城世界遺産登録30周年記念平成中村座姫路城公演」に関するテレビ放送を見た。ここで初めて、平成中村座について知り、調べてみると、2000年11月の「法界坊」から2023年5月の「天守物語」他まで、国内外で29回も歌舞伎の魅力を発信しつづけてきたことがわかった。私は、歌舞伎をもっと知りたいと思った。今年度最終回は、アテルイです。皆さん、観ませんか?

みんなの投稿一覧に戻る
上に戻る